カテゴリ:Hawaii in 2017( 224 )

いい環境で

感謝しなきゃいけないなって思う。
日本には、帰る場所はない。最悪な環境だ。
でも、ここでは普通に毎日が過ぎる。
先に道が続くような気もしている。
そうやって、未来に向かって生活できるから。
感謝して生きて行こう。

Dec.1.2017

by VIVIEN5 | 2017-12-02 17:52 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

わるい夢

今日は、すごく嫌な夢みた。
あまりリアルで起きるのが嫌になった。
夢なのか、現実なのかもわからなくなったくらいだ。

夜の世界が舞台だった。
飲み屋の世界の男性に罵倒もされた。
とんでもない金額も請求された。

一体、何でこんな夢を見たんだろう?

少なくても、こんなことをイメージした自分がいるのだ。
夢であっても、自分の中にあるイメージなんだと思う。

正直、男性に対して良くないイメージを持っていることは明らかだと思った。
そういう人生だったんだと思った。
でも、今は違う。
これからは、新たに男性に対しても付き合っていくようにしようと思う。
大変だけど、頑張るつもり。

昨日、12時前に寝たのに、今日は15時過ぎに起きた。
いろいろあって、本当に疲れてたんだと思う。

思わず、部屋の浄化も考えてしまった。笑

Dec.1.2017

by VIVIEN5 | 2017-12-02 17:09 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

何か持ってる人は売れる

明石家さんまがテレビで言ってた。
何か持ってる人は売れるって。

考えてみれば、自分が持ってるものを隠そうと生きてきた。
普通の人が持ってないものを何で私は持ってるんだろう?って悔やんできた。
だけど、私は明らかに普通の人が持ってない何かを持ってる。
何かしら持ってる。

これから、それに焦点を当てて、磨いていこうかな。
自分の持ってるもの大事にしよう。

by VIVIEN5 | 2017-12-01 05:00 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

八森さん

今回の件で、八森さんも目を覚ましてくれた感じかな?
それにしても、本当に彼は怠惰な生活に埋もれていたんだろうな。
お酒も、この数日は控えるようにしているみたいだし。
今日は、初めて中身のある会話をメールでできました。
雨降って地固まるかな。
このまま、良い方向にお互い進んでくれればいいと願います。
変な法則や、変なジンクスなんて信じないで、まっすぐ自分の信じる道を行こう。
もう、迷うことなんてない。飛び込むしかない。
その最大の協力者の八森さんには感謝する。

Nov.29.2017

by VIVIEN5 | 2017-11-30 18:07 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

Finally

来年一月から、短大に行けそうです。
こういうこともあるんですね。
最後まで諦めなければ、こんなことも。
とりあえず、安心しました。

短大に入って勉強するのも、プレッシャーもあります。
でも、英語の勉強だけでなく、短大の勉強ができることの新たな挑戦です。
今から、こんなことができることは、本当にありがたいことです。
この気持ちを忘れずに二年間一生懸命勉強しようと思います。

Nov.26.2017

by VIVIEN5 | 2017-11-27 18:41 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

新しい学校には行けないそうです

しょうがないね。
鎌田さん、結局、最後までやる気がありませんでした。
まぁ、しょうがないか。

彼は、またハッキリ、今回どうにもできないって言いました。
何もやってないのに??
まぁ、やってくれたか。
どうにもできないんだって。
しょうがない。

by VIVIEN5 | 2017-11-23 21:04 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

すき焼き風

今日は、いつものようにCoffee Beansに行って、予習をして学校に行った。
パートナーはスイス人のレイチェル。21歳で貫禄がある。
自分が偉いと思っちゃってる勘違い女子だな。
まぁ、取るに足らない子だ。

鎌田さんからは、どんな風に連絡が来るのか?
多分、こちらからしなければ、この状況であっても連絡はよこさないだろう。

” あ〜わりぃ〜◯◯ちゃん、やっぱりダメだったぁ〜、いやぁわりぃ〜。"

と言うだろう。
すでに、予測はつく。

彼は、結婚も子ども諦めた私に、学校まで諦めさせられることだろう。
私の人生は、こんなもんなんだろうね。
学校に行けたからっていいわけじゃない。
このきっかけによって、私自身の考えが本当の意味で良い方向に向かうなら
それは、良いことである。
鎌田さんは、付き合う価値などないことが自分で思い知ることができれば、それがいい。

日本は、明日が水曜日だ。
水曜日まで返事を待つことになっているが、未だ連絡もなく、
彼に、たった三日で何ができるというのか?
日本は、今日は火曜日だ。
すでに、言い訳を考えていることだろう。
彼は、お酒を飲めば全て忘れられる。
そういう人なのである。
早いとこ、別れた方が身のためだ。

そんなことより、今日の夕食は、すき焼きだった。
ハワイアンすき焼きだったけど。
グレイスが用意してくれた。
見よう見まねで作ったけど、結構すき焼き風になっていた。
グレイスは、とっても優しくしてくれる。

水曜日、学校のサンクスギビングのちょっとしたパーティがある。
その時に持って行くものを相談したら、ちらし寿司がいいと提案してくれた。
いろいろ考えてくれて、いいお米まで見せてくれた。
本当にありがたい。

できれば、ここで短大に通って、アメリカで就職したかったな。

でも、今更ジタバタしたところで、私には何の力もない。
やる気のない男に望みを託すしかないのである。
情けないけど、しょうがない。
信じてあげられるのは、私だけだろう。

Nov.20.2017
by VIVIEN5 | 2017-11-21 16:44 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

美容院のアンチャン

今日は、美容室に行ってきた。
担当の方、ちょっとストレスでも溜まってるんじゃないか?って思うほど、
毎回同じ話しをする。しかも、こちらが話そうとすると、話しを遮る。
それでいいのだろうか?!
あまり、ストレスが溜まるようなら、また美容室を変えなければならないな。
まぁ、担当の人を変えるか?
とりあえず、忘れよう。
とるに足らない話だ。

その後、日本ではどんな動きをしているのか?さっぱりわからないが、
鎌田さんは、すでに諦めモードであることは確かだ。
もう、腹をくくるしかないのだ。
それで、いいじゃないか。

Nov.19.2017
by VIVIEN5 | 2017-11-21 16:20 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

最終ラインを踏み切れないだろう

日本は月曜日。
今朝は、早く起きて、洗濯とお風呂場の掃除をした。
これから、部屋の掃除機もかける。

朝から朝食を食べながらGraceと話をして、気持ちが落ち着いた。

鎌田さんだが、ここで男を見せなきゃ、一体彼に何が残るというのだろう。
結婚も踏み切れない。お金の問題じゃなくて、ここで男を見せないでどうするのだろう?
この最終ラインを踏み切れないとするならば、それまでの男だということだ。
私はそう思う。
私が期待をかけ過ぎてきた部分もあるだろう。
でも、彼はきっと成し遂げることはないと私は踏んでいる。
今までがそうだったからだ。
私が一番望むことをことごとく倒してきたのだ。

Nov.19,2017 Sun
by VIVIEN5 | 2017-11-20 05:53 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

来週が山場かな

今日は、1時からワイキキにあるエステへ。
担当してくれているKiyomiさんは、とてもフレンドリーに接してくれて、
体に関する相談にも乗ってくれる。
終わってから、クラスメイトが紹介してくれたCafeへ行った。
とても広い空間で、いい場所だった。
今度は、午前中の勉強に利用したいと思った。

また、鎌田さんに連絡をした。
もう、私の腹も決まった。
新しい学校に行かれなくても、それは仕方がないと諦めることにした。
彼は、来週月曜日から学校に行けるようにがんばると言った。

もし、学校に入れなかったら、私の人生はそれまでだったのだと思うだろう。
これ以上は進めなかったんだと、納得するしかない。
今後、どういう方向で進んで行くか、当分考えることになるだろう。
鎌田さんを責めても仕方がない。

ふと思い出したことがある。
私が私立の中学に入る時、私の母は一生懸命高い入学金、寄付金など用意してくれたこと。
これまで、考えたことなかったけど、今回初めて気がついた。
感謝しかないよね。

高校卒業後、コンピュータの専門学校に入学した。
これは、多分、義理の父親が行かせてくれたんだと思う。
これも、ありがたいことだよね。
今度、真相を母に聞いてみようと思う。

それでも、今度また新しい学校に入りたいと思っている自分がいる。
この学校に入って勉強したいと強く思う自分がいる。
この学校に入らなければ、社会で通用しないと考える自分がいる。

来週、どうなるか結論が出ると思う。
行けるにしても、行けないにしても、今後のことは考えなければいけないだろう。
いつまでも、このままではいられない。笑

人生の大きな山場になるだろう。
それで、いいじゃないか。笑


それから、昔の悔しい思い出も思い出した。
母の店を手伝っていた時、お店が終わってからお客さんに付き合って飲みに行った。
そこは、広いホールで、母、そして母の知り合いの喫茶店のマスターとそこに働く女の子が来ていた。
その働く女の子が突然私をひっぱたいた。意味もなくひっぱたいた。
でも、私はその時、何も言えなかった。言い返せなかった。やり返せなかった。
今でも、悔しく思っている。
彼女は、なぜ私をひっぱたいたのか?
綺麗な子だった。
その時私も相当スタイルが良く、綺麗だった。みんなにチヤホヤされていた。
多分、彼女は私を妬んだんでしょうね。
彼女は、そうするしか、なかったんでしょうね。

Nov.18.2017
by VIVIEN5 | 2017-11-19 17:03 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

世界は君を待っているよ!


by vivien5
プロフィールを見る
画像一覧