覚えておきたい漢文

水流任急境常静 花落雖頻意自閑

すいりゅうきゅうなるにまかせて きょうつねにしずかなり
はなおつることしきりといえども いつねにのどかなり

通解 : 水の流れは、急であるけれども
     そのあたりはいつも静かである。
     花は、しきりと散るけれども、
     自分の心はこれに乱されることなく
     自らゆったりとしている。

多忙であっても心は平静を
身辺の著しい変化にも静定を失わず
物を露骨に出す事無く内に含める
というような意味らしいのですが
中々、出来る事ではありません。
それでも日々、雑念に惑わされ
思いのほか疲れる弱い心に、いつも
清水の如く語りかけてくれる
Commented by 菜根譚 at 2018-06-17 08:12 x
はじめまして。
この言葉はテレビで知りましたが、
なにかいまでも強烈に印象に残っています。
いつになれば、このような境地を迎えられるのか‥
高校時代にわけもわからず読まされた草枕の意味が
少しは理解できるようになってきました。
by vivien5 | 2008-04-02 15:11 | 2008 | Comments(1)

世界は君を待っているよ!


by vivien5
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る