そういう人には

そういう人には、黙って見てやればいい。
自分が何をしているのか?自分が理解すればいいだけの話だ。
わたしには全然関係ない話。

自分の体が思うように動かないのかもしれない。
自分の死について考えるのかもしれない。
自分の思い通りにいかないこともあるのかもしれない。
それこそ、自分が他人から冷たく接されたのかもしれない。
自分の息子がだらないしことで他人を僻んでいるのかもしれない。
彼女には、いろんな問題が多分あるんでしょう。
それが、わたしに気持ちの向けてきているのでしょうね。

自分より劣っていると思いたいのでしょう。
それは、わたしを利用して自分が優位に立ちたいということなんでしょう。
そして、わたしがいるから、何事もうまく回っていることを彼女が一番知っている。
そのわたしが、本当に切れたら、どうなるか?
彼女の言うことは聞かないでしょうね。これからは。
そして、今のルームメイトが今度は一年間お相手してくれるでしょうけど、
一年間だけだし、きっと物足りないでしょうね。
愚痴を言い相手もいないのですから。
シャレンもいなくなる。
彼女はわかっていない。
そして、一年一年と年をとれば、だんだん自由も利かなくなるのだ。
もう知らないよ。本当に。
これだけ、長い間、仲良くいろんなことを乗り越えてきたっていうのに。
自分が良ければいいって行動だよね。
それはダメです。
少なくとも、わたしはゲストですし、お金を払っているわけですから。

いやいや、ずっとこの調子で考えてたら疲れるし、エネルギー使うだけでなく、
ネガティブに包まれ続けてしまいますよ。
困ったもんです。

でも、今日の夕方は、Hulaのメンバーでパーティがあります。
飲み物や食べ物を各自持参して、先日のホイケの鑑賞会です。
わたしは、グレースが準備してくれたチキンの割引券を使ってあったかいチキンを持っていく予定。
だから、さっき下見に行ってきたし、味見もさせてもらってきた。
ね、そうやってグレースはわたしにちゃんとやってくれてるんですよ。
だから、わたしもグレースのご好意は、いつもちゃんと受け取ってきたつもりです。
今回もそうですけど。
そういうこと知っているくせに、馬鹿なことするわけですよ。
もう、ボケ始まってるんじゃないのか?耳も聞こえないフリするし。

と言うわけで、今日はその温かいチキンとワインを持っていくつもりです。
ジュースもとりあえず持ってくか。
そして、ロングワンピースでも着て行こうかしら?

楽しもうじゃありませんか!
そいうことですよ。
他人なんてどうでもいい。
嫌われ者だっていいじゃない。
別に、わたしは何も悪いことしていないんだから。
こういう性格なんですからね。
知ったことか。

こんな私だって、仲良くしている人だっているんですから。
それでいいじゃありませんか。
ちょっと、環境を変えてみましょう。
付き合う人を変えてみましょう。
そんなの気を使うことなんてないんです。
自分が決めればいいんです。

全てに感謝します。
ありがとうございます。

Nov.17.2018

by VIVIEN5 | 2018-11-18 07:41 | Hawaii in 2018 | Comments(0)

世界は君を待っているよ!


by vivien5
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る