みんな自分にとっての先生

今日は、鈴木さんと初めて電話で話をした。

まず、ハワイに行っての半分で、「英語が聞いたり、答えたりできる」って自信を持って言えるくらいになろうって。
自分の1コ1コに決着をつけていくことが大事だって教わった。

過去のことも、未来のことも、今は触れず。
ただ、そこを頑張ってくる。そうしたら自分の自信になるから。
ということで、約束をした。

その後、帰国後は、やってきたことをちゃんと言葉にしてあげるからと。
ちゃんと言葉にしてくれるから大丈夫って信じて欲しいって。
私は、信じてる。信じてみるつもり。
だって、その道のプロだもん。
それで、社会復帰ができたら最高だよ。

自分のお給料で生活が出来るようになることが夢ですから。

そして、どんなに若い人でも、同じ人間だって思って付き合うこと。
同じ人間。
誰でも、自分の先生なんだって思うこと。
そのセリフ、Daveが同じことを私に言ってくれた。
それは、大事なことなんだね。

「みんな自分にとっての先生」

これからの留学では、学生である。
バカやることはない。媚びたり、へつらったり、する必要はない。
でも、バカになることは大事。間違いを恐れず、努力できる劣等生になること!

東京に来ることがあれば、時間が合えば友人として食事でもしましょうと言っていただけました。
私の社会の先生としていてくれることは、本当に心強いです。

支えてくれる人がいるから、社会に向けて頑張って行けそうです。

鈴木さんは、思うことがあったらいつでも連絡していいと言ってくれた。
モチベーションが下がるようなことがあったら、いつでも連絡くれていいって。
また、私のことがよくわかれば、海外でも連絡が取りやすいからって。
「彼は、僕を使ってください。」って言うんだよね。
彼が本物だったら、みんなに応援される人になるようね。
私も彼から、たくさん刺激を受けたいと思います。

by VIVIEN5 | 2016-11-21 03:20 | おしごと | Comments(0)

世界は君を待っているよ!


by vivien5
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る