カテゴリ:Hawaii in 2017( 124 )

居場所が脅かされる恐怖

正直に、自分の精神状態を書き記してみようと思う。

今日は、デーブのクラスである。
デーブについて、これまで話してきたが、私は彼から脅かされているように感じている。

私の居場所を脅かされている。と感じている。

私は、それが怖いのである。
なぜ人は、私から居場所を取り上げるのだろうか。
現在、鎌田、親弟弟たちがしていることである。

見えないDVに悩まされている。

そう、人は見えないDVをしてくるのである。

多分、したくなるようなタイプになってしまったのかもしれない。
安っぽい鎌田さんと長年付き合い、DVを受け続けてきたから。

いずれ、デーブの私に対する行動一つ一つが、私にダメージを与えることであることが、
真実であるならば、それは大変恐ろしいことである。

私は、常にこうして人に対して怯えていなければならない。

不安症と片付けられるのである。

見えないDVをし続けてきた鎌田さん。

私は、いつになったら、この世界から抜け出すことができるのだろう。


自信を損失しており、声を出すのも億劫である。
英語を話す元気もない。
若いクラスメイトと話す元気もないし、
ルームメイトのだらしない女の子と話す気にもなれない。

こうしたことは、時々やってくることである。
いかに、立ち直るかを模索中である。
今は、少量だが薬を持っているからいいが、
それがなくなったら、どうしていくのだろうか。

やっぱり、DVの世界にいるのかな、私。

by VIVIEN5 | 2017-03-22 04:30 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

ディープな内容

なんだか、ディープな内容になってきたけれど、
これは、とても大事なことのような気がします。

考えてみれば、彼らと一緒にいたら精神的に耐えられないため、
私は、今ここにいる。

by VIVIEN5 | 2017-03-21 20:37 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

精神的DVを受けているのに責められる

なんか嫌だな〜って思う人たちは、私から見ると同じような人たち。
それは、相手もそのように私を見ているのだろうか。
もう疲れたな。

人から拒絶されるのは疲れた。
母親、弟弟、、、、
鎌田さんじゃなければ、こうはならなかったんじゃないかな?って思う。
私も、こんな風にはならなかったんじゃないかなって。

人のせいにしちゃいけないのは本当によくわかっているつもり。

でも私が、鎌田さんと付き合いを止めない限り、
自分の虐待は終わらない。どこまで行っても、虐待されるだけ。
鎌田さんは、DVだったということも忘れてはならない。
精神的な暴力が常にあるのである。
そうか、精神的な暴力によって、私にダメージを与え、
時に優しくし、また精神的な暴力に及ぶ。

そういうことだったか。

とにかく、身の安全を確保しなければならないだろう。

これに関しては、私の妄想や幻想ではない。
誰も、彼を責めず、私ばかり責められてきた。
DVを受けているにもかかわらず、他人から責められるなんて、
最悪の状況です。
誰も、鎌田さんから精神的なDVを受けていることを信じてはくれなかった。

そういうことだったんだ。
初めて、気がつきました。

このことについて、よく考えてみようと思います。

このことに気づけたことに感謝します。

by VIVIEN5 | 2017-03-21 20:32 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

自分に誠実に生きる

今日も調子が悪かった。
昨日、ノースショアから帰ってきてから、ルームメイトのちょっとした
嫌がらせのようなことがあって、それも引きずっているのもあったと思う。
彼女は、ノースショアに行きたかったのか?
帰ってきたのを知って、シャワーを浴びに行った。
彼女は、早朝か深夜にしかシャワーは浴びないのに。
オカシナ子だよね。

結局、それは、私にダメージを与えたいがためにした行動なのだろうか。

また、デーブの一連の行動も、私にダメージを与えたいからなのか?

みんな、私にダメージを与えたいのだろうか。

今日は、朝からクラスメートが馬鹿な行動をとって、
私も本当についていけないよ。
あまりの幼稚さに。
ICCの生徒の質を下げるよね。

結局どうなんだかわからないけど、新しい先生に新しい生徒、
なんだか私のクラスだけが、離れ小島みたいな状況になっているように思う。
テッドの生徒が上がってきてくれないと、生徒の質も悪くなるよ。
私が悪くしているの?

わからないけど、ルームメイトは24歳。
あの子は、人のお願いは聞かず、自分のしてもらう子は忘れない、
洗濯物は出しっぱなし、トイレもお風呂も洗わない。
マットは汚してそのまんま。
食べ物も平気で長い間冷蔵庫に入れっぱなし。
それで、タメ口?
頭悪いんだもん。だって。
早稲田大学の学習院?
でも、本当に頭良くないよ。

クラスメイトも安っぽくてシャレにならないし。
一緒にいると、心が荒む。

そんなことがっかりにとらわれている。
毎日毎日、社交不安障害の本を何冊も読みあさっている。

なんか、本当に私の周りには私を嫌いな人がたくさんいる。
異性は全滅でしょうね。
道端で目があった男性までもが、自分を避けているように思えるようになってきた。

それは、鎌田さんとの付き合いの中で、精神的なダメージを長年受けてきたことも
要因での一つだと思う。鎌田さんが、私の母親に近づくことも触れることも、
やはり、普通では考えられないことだと思う。
私は、それを見せられてきた。
彼が、私の写真を見て『韓国人かと思った』と言ったこともあった。
そんなのは序の口だ。
彼は、精神的なダメージを与え続けてきたのだろうなとこのところ
つくづく実感している。本当に恐ろしいことだと思う。

今日の本に書いてあった。
そういう人と一緒にいることは、自分に対する虐待だと。

本当にそう思う。
鎌田さんだけではない。ロ◯ーさんとの付き合いも、
結局のところ自分に対して虐待行為なのかもしれない。

知らなかったなぁ。
本当に、自分のこと大事にしてくれる人と出会うことは、
人生にとって、とても重要なことだということ。

ましてや、私のような環境の人であるならば、余計だと思う。

もっと、自分に誠実に生きることが重要なのではないだろうか。

by VIVIEN5 | 2017-03-21 20:15 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

自分は

ただ、前を向いて歩いていくだけです。英語を話す。仕事を見つける。アメリカで暮らす。パートナーを見つける。
by VIVIEN5 | 2017-03-18 19:17 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

なんか変

もう、これが最後になると思うけど、デーブはやっぱりオカシイな。
なんか、意識しているようなんだよね。
そんなに嫌われちゃってるのかな?
っていうより、なんだかお互い、調子が狂うような感じなのかしら?

冷静になってみると、私は何もしていないし、特別は気持ちはデーブには持っていない。
何かにつけて、意地悪だなって思うようなことがあったりするんだけど、
結局、意識しているってことだよな?って思っちゃうよ。
意地悪しなければ、私は別に嫌な気持ちは持たないわけだし。

デーブのクラスは、まるで小学校。一体どうなっちゃってるんだ?

私には関係ない。
デーブとのさよならは、4回あると思ったけど、これが最後だね。
もう、関係ない。

そのまま受け止めよう。
フラれたと思えばいいじゃない。
普通だよ。特別扱い以前に、自分のクラスの生徒ではないという言葉で、
線引きするような人だからね。
そこまで、自分のクラスを特別扱いしなくてもいいのに。

そっか、もしかしたら、焦ってるのかな?

同じレベルのクラスが他にもできて、焦ってるのかもしれないね。
だって、最近のデーブの授業も変だったもの。
デーブのクラスの生徒も、時々オカシイ時があるって言ってたし。

そうだよ。
もう人クラスできて、自分が先生として比べられるから、
焦ってるんだ。
だから、線引きするんだよ。

そうじゃなきゃ、別に学校が同じなんだから、みんな生徒は平等に接すればいいじゃん。
平等に接する先生だと思ったけど、今は、全くの逆。
生徒を特別扱いして、なんだか恋人同士みたいにベタベタしているようにも見える。
あえて、私の前でするんだとしたら、やっぱり意識しているってことでしょう?

それで、やっぱりどうしてもオカシイと思うのは、
私が新たにデーブのクラスに入った時に、その特別扱いしている子と3回くらい
続けて、ペアにさせられた。オカシイでしょう?

もう、過ぎたことだ。
来週でデーブのクラスも終わり。
もう、忘れることにします!笑

シンディーのクラスでしっかり勉強する。努力する。
変なストレスも持たなくて済むから、やっぱり私にとってはいい方向に進んでる。

ありがとう。
お別れできることに感謝します。

なぜならば、本当に好きな人を見つけたいから。

by VIVIEN5 | 2017-03-18 18:20 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

St Patrick's Day

今日は、なぜだか6時半に起きた。やる気満々というところだろうか?

今日は、セントパトリック・デー。学校で、パーティがある。
また、この日はみんな緑のものを身につけてお祝いする日。
私は、緑のぶどうを買って準備した。
昨夜、Graceが手伝ってくれて、ハワイのお祝いには欠かせないティーリーフを
お庭から採ってきてくれて、ぶどうは小さくカットして、大きめなパックに
詰めてくれた。

今日は、テストもある。
でも、今回のユニットはなんだか難しかった。
それに、何も勉強していなかったので、今日は朝早く起きて勉強しようと思っていた。

ここ二日くらい、安眠剤を飲まずに寝ている。
不安症のお薬は、昨日の状況もあったので、昨日から飲んでいる。
気休め程度にほんの少し。

学校から帰ってから、勉強する気になれない。
やっぱり、多少のストレスもあると思うんだよね。
自分では気がつかないけど。

だから、勉強は朝早くから始めてみようかな?と思って、今朝は早起き。
早寝早起きを実践してみようかなと思っているところです。

デーブのクラスも卒業するし、後は変な感情を持つ必要も無くなります。
ここは、ガッチリ方向転換して、早寝早起で、勉強に打ち込む。
勉強と言うより、もう話す努力しなければいけないよね。
なんとかしなければ。

仕事を探していかなければいけないし、ハワイから始めるのか本土に行くのか。
自分で決めなければいけないから、ちゃんとした答えを自分で見つけなければいけないから、
生活も見直していかなければいけない。
類は友を呼ぶ。良い出会いも期待しているので、質の良い生活を心掛けたいと思う。
なんて言っても、どれだけ続くのかは、わかりませんけど。

学校の行事に参加するのは初めて。
クラスの人も一緒だから、良い経験になると思う。
少しずつ、社会に出て行こう。

by VIVIEN5 | 2017-03-18 04:28 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

三回目のさようなら。

今日は、なぜだか調子が出なかった。
バスに乗っていても、ぼーっとしている感じで。

でも、ショックなことがあった。
デーブのクラスだったんだけど、突然、来週以降はシンディーのクラスで授業をすることになった。
もう、デーブの授業は受けられないんだね。なんでか、ショックだった。
でも、なんでこんなにショックな気持ちになるのか?自分でも不思議だったよ。
だから、一生懸命考えて立ち直ろうとしています。

デーブとは、何回さよならをするのかな?って考えちゃった。
最初は、デーブが2週間のバケーションに行ってしまったから、私は三日間泣いていた。
そして、デーブが帰ってきて、今度は、私がUHのヘルププログラムに行くから、お別れ。
まぁ、その後、今年に入ってまたデーブに再会した。
本来はデーブのクラスだけど、クラスが二つに分かれてしまった。
だから、私は新しい先生のクラスになった。
そして、週二回2時間だけデーブの授業を受けていた。
でも、三回目のさようなら。
それから、学校を卒業する時、四回目のさようならが待っている。

なんでこんなに切なくなるのか?
私にもわからないけど、デーブはあまり私にしっかり英語を教えようという感じじゃないからね。
私の英語の勉強としては、シンディーの方がいいんだとは思う。
シンディーは私のこともちゃんと見てくれるから。

それでね、忘れないために、このブログを書いています。

まず、私は学生だから、いろいろなシュチュエーションを経験できていると思う。
いろんな変化があっても、カラッと元気にやっていくってことが今は大事なのかなって。
たくさん経験できていいことなんだと思う。

それから、デーブもロ◯ーさんもこれを機に大好きって気持ちは置いておこうと思います。
多分、今回の出来事も、きっと良い方向に向かっているんだと思う。
いい方向に向かってるから、デーブともさよならなんだと思う。
そう思えてきたんだよね。

デーブもロ◯ーさんも声が似てるし、なんとなく不思議と似てる感じなんだよね。
デーブが初めて会った時に、初めてじゃない気がしたのもロ◯ーさんに似ていたから。声も。
でね、さっきふと思ったんだけど、もしかしたら、死んだ父親に似てるのかな?って。
わからないけど、声も、なんかハスキーっていうか、ガラガラっていうか・・・。
ロ◯ーさんが私にマッサージさせるのだって、父親とそっくりだもんね。
だから、パパを振り返って見ながら、静かに父親離れしようかなと思う。

読んでる人は、何を言ってるのかわからないかもしれないけど、
自分の中で整理がつけば、それでいいと思って書いてます。

正直、やる気が出ていない、今日この頃。
また、気を引き締めなきゃ。

でも、デーブとは、お別れ。

そうそう、思ったんだよね。デーブと三回もお別れするのって面白いよね。
多分、私のこれまでの人生の中であんまりちゃんとしたさよならをしたことがないから、
神様がまとめてデーブで経験させてくれてるのかな?って思ったりして。笑

いずれにせよ、私にとって良い方向に進んでいるってことは間違いないはずだ。
そんな気がする。

by VIVIEN5 | 2017-03-17 19:17 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

ミラクルは起こらない?!

私は、ミラクルは起こると信じています。
だって、これまでたくさんのミラクルがあって、私はここにいる。
そいう風に思うんです。

あの美容師さんは、ミラクルなんて起こらない。
自分のやってきたことだけだ。って言ってたけど。

確かに、自分でやってきたことが正解だったからミラクルが起こって、
今があるんだと思うんですよね。私は。
まぁ、彼の人生だから私には口出しする資格はありませんけど。

だからね。
ここには、一緒に書きたくないけど、書きますね。
正直、こんなおばさんが、このハワイでどんな仕事があるというのでしょう?
日本に帰っても同じです。
私が食べていけるだけの仕事を見つけるのは本当に大変なことかもしれません。
でもね、チャンスってどっかにあるかもしれないと信じる。
どっかからやってくるかもしれない。
何かを思いつくかもしれない。

確かに、結局のところ、いま、何をしたらいいのか?
わかりません。だけど、ちょっと、自分を磨いてみようかなって思いました。
自分自身もそうだし、バスルームもそうだし、自分の部屋もそう。
本題からそれているかもしれないけど、できることをやってみようかなって、
思いました。

英語の学業も当然のことながら、もっとストイックにやるべきだし、
自分自身の健康管理も減量も含めてだけど、身の回りも綺麗にする。
そいうことをストイックにやってみようかなと思いました。

あ、それからね、今日なんとなく思ったんだけど、
私は、もし障害のある方のお仕事をするとしたら、
手話ができたらいいかなって少し思いました。
さて、この発想が将来に結び付くのかどうなのか?ですけど。
とりあえず、書いておきます。

by VIVIEN5 | 2017-03-14 16:21 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

文化の違い

やっぱり、文化や人種が違うのは、付き合うのに難しいのでしょうか。
男性恐怖症というよりも、なんか、その辺の問題のような気がしてきました。

その違いは、海外の方々だけではなく、日本の人も同じく付き合うのが難しい。
それは、私にとってなんですけどね。
でも、いつまでも、避けてもいられないし、不平不満を言っていられるわけでもない。
また、悩んでいても始まらない。

結局のところ、今までは、私は人に嫌われないように、嫌われないようにと、
相手を気遣い、自分の身を少し低くして接していました。
しかし、それでは、相手の思うがままになってしまうことを最近気がついたんですね。

すると今度は、今現在考えいるように、気持ちが通じない人がたくさんいるということ。
気持ちが通じないのか?
生き方も考え方も、付き合っている人も、親も、生まれば場所も育ってきた環境も、
誰もかれも違う人たちばかりですよね。確かに。
さて、そういう中で、上手に人とコミュニケーションをとるにはどうしたら良いのか。
やっぱり、自分を変えて行かなければいけないでしょうね。

正直、昨日までは男性恐怖症と言ってましたが、
私には、敵がたくさんいるのでございます。
なぜか、敵対視されやすいんですね。

そうです、最近は、できるだけ堂々と振る舞うように心掛けているからです。
これは、私にとって大事なことなのです。
何をかくそう、私は不安症を抱えていますから、簡単に人と接するのが怖くなるのです。
でも、堂々と振る舞うからといって、横柄な態度を取ってるつもりはありません。
堂々と落ち着いて、周りを見れる余裕を持ちながら、相手への気配りができるように
なれたらいいなと思っています。

まだ、そこまでは余裕がありません。
でも、クラスでも私はクラスメイトとあまり目を合わせません。
彼らは、多分私みたいなおばさんとは仲良くしたくないだろうなって思うからです。
また、先週末には、45歳のおばさんを捕まえて、20代後半くらいの韓国人の
女の子が、私を33歳くらいだと言っていきました。
その彼女もですが、その子と仲のいい日本人の31歳の女の子は、
私にとても敵対心を持って接してきます。笑
ははぁ〜ん。同じくらいの年代だと思っているのかしら???
嬉しいとかどうなのか?複雑な気分です。
だって、私はその子とあまり話したことがないんですもの。

まぁ、そいうことも含めて、なぜその女の子も私と接して動揺するのか。
だって、張り合おうったって、経験も違うでしょう?
一回りも違うんだから。
若いんだから、別に自然いクラス内でみんな仲良くする雰囲気を作ればいいのに。
彼女も自分だけ良ければいいというタイプね。

そう感じてしまうので、私もどう接したらいいかわからなくなります。

それから、今日はホームスティ先で来客がありました。
いつも来る人なんだけど、あれれ?この人私のこと嫌いなのかな?
って今日はなんとなく思った。
帰り際、彼女は腕を痛めているということで、荷物を持って行って欲しいと
頼まれて持って行ってあげたら、ささやく声でゆっくりとThank youと言われた。
恐ろしや。
そんなに嫌がらなくても・・・
だって、私は頼まれたから来たのに・・
なのです。
でも、傷つくんですよ。私の心は少しだけ。

最近は慣れましたけど。

土曜日の美容師といい、ロ◯ーさんといい、今日の彼女といい、クラスメイトといい、
鎌田もか?みんな同じかな。
みんな個性を持っていて、私は誰に対しても同じように接している。
その私の接し方に問題があるのだろうか。

そういう意味でも、感謝しなければいけませんね。
自分の苦手な部分が表面化している。
彼らと出会い、接することによって、私は自分の苦手な部分を知ることができる。
もし、これを自分で乗り越えられたら、
どんな人と接しても、悩んだり、傷ついたりすることは少なくなるんじゃないかな?
って思います。

わかりません。
私自身が調子に乗っているのでしょうか?

でも、おしゃれしたり、スキンケアやお化粧に興味を持ったりしてはいけませんか?
英語を勉強して、将来について考えてはいけませんか?
恋愛について考えてはいけませんか?
好きな人が欲しいと望んではいけませんか?
好きな人を好きだと思ってはいけませんか?

まぁ、今日はそんなことを考えました。

by VIVIEN5 | 2017-03-14 16:05 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

世界は君を待っているよ!


by vivien5
プロフィールを見る
画像一覧