カテゴリ:Hawaii in 2017( 136 )

ネガティブ シンキング?

今、起きたばかりなんですけど

ネガティブな考えになっていまして

私は、ここにいて、社会から取り残されてる
ホームスティのお母さんは80を過ぎているけれど、
彼女とばかりいる
それは何を意味するかというと、彼女に悪気がなくても
私は彼女からコントロールされることを楽だと感じてしまっている
でも、彼女とこんなに仲良く英語で話ができることは、
ありがたいことだと思う
しかし、彼女がいつも私以外の人に対して依怙贔屓することを
許していてもいいのか?不安である

私は、自分の人生について相談する人がいない

たった一人いたけれど、彼はサイコパスのために、
本当の現実的な解決策を見つけることができない
相談というのは、私が幸せになるための相談
彼は、それを望んでいない

そうなると、私はすでに誰とも打ち解けることができなくなっている
誰も信じることができなくなっている
でも、その人にはついて行ってはいけない。
どんなことがあってもだ。
どんなことがあっても、ついて行ってはいけない。

私は、彼から逃げることだけで、語学留学をしているのだろうか。
時々、自分がなんだかわからなくなる。

これは、ネガティブシンキングなのか?
それとも、本当に信じられないことが起こり過ぎているのではないだろうか。
私は、後者だと思っている。

本当に信じられないことばかりあった。この12年間。
今、こうして海外で暮らしていることだって、信じられないことの一つだ。
いいことはこれだけで、他は日常の嫌な出来事しかない。
どうしたら、こんなにまで嫌なことになるように仕向けることができるのだろうと
思えるほどである。これは、真実です。

心に寂しさの弱みを持っているために、
そういう人からコントロールをされてしまうんですね。

本当に、私がネガティなのか。

その人と一緒にいることで、私の周りで、信じがたいことがたくさん起きる。

誰にも、そのことを相談することができない。
なぜならば、サイコパスを知っている人がいないからだ。

これを読んで、やっぱりわたしがおかしいと思う人もいるかもしれない。
多分、みんなそう思うだろう。
なぜ、そんな考え方になったのか。
自分の考えが正しいか間違っているかさえ、自分ではわからなくなっている。
なぜならば、サイコパスは私と向き合ってきていなかったから、
長い時間をかけて、私自身が受けとめられていなかったから、
私という存在が無いに等しい。
知らず知らずのうちに、そいうことになってしまっていた。

私のした行動だけが私というキャラクターを他人が理解する。
しかし、違う。
私のしてきた行動は、鎌田さんに仕向けれてしてきたことであって、
私が望んでしてきたことはそんなにない。

私には、心があります。
その心が、本当の私です。

その大切な部分を鎌田さんに打ち消され続けてきました。
その大切な部分を平気で傷つけられ、表に出すことを阻止されました。

それを12年も繰り返されたら、さすがに私も考えが変わってきます。

どうして、付き合いを止めることができなかったのか。
洗脳されてしまっていたんですよね。

この問題をどうにかしなければなりません。
また、12年くらい掛かるのかな。
誰も、助けてはくれないんだろうな。

by VIVIEN5 | 2017-07-04 03:00 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

マインドコントロール

本当に、助けてほしいくらいなのに、
なぜ、いい人が見つからないのだろう。
正直、助けてほしい。
でも、誰とも付き合えない。
私の自己評価が低すぎるからです。
その人がそうしたからです。
本当に、洗脳されました。
考え方を12年もかけてコントロールされました。

by VIVIEN5 | 2017-07-03 18:24 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

不安だよ

その人がサイコパスじゃなかったら、よかったよ。
人の気持ちがわかって、自分のことばかりじゃなくて、
人のことも思いやれる人だったら本当によかった。

サイコパスは、人によく思われることに必死になるから、
人にはとてもいい人に映るんだって。それも、合ってる。
私にとっても話しやすいけど、本人は何も考えていないのだから。
何も考えていないことが、長年付き合っていてわかるのに、
他の人たちは、彼を大人だと思っている。違う。

もう、人の悪口も言いたくないから、
とにかく、近づいちゃダメ。
もう、人の悪口言うのやめよう。
その人といると、悪口ばかり言わされる。
解決策も、人を馬鹿にしたようなアドバイス。

相談する方としては真剣に話をするから、
やっぱり真に受けちゃうんだよね。私は素直だから。
だって、人を疑いたくないじゃない。

今の時代、人を疑わないような人ほど、疑われちゃう世の中よね。
よくわからないけど。

よくわからないけど、私は、人に好かれない人間になっているのは確か。
本当に恐ろしいことです。
世の中に誰も味方がいないって恐ろしいことです。
そう思わされて、信じれるのはそのサイコパスだけって思わされているのが辛いです。
私は、それをぶち破るつもりです。
死にたくないから。

by VIVIEN5 | 2017-07-03 18:20 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

サイコパス

私の知り合いは、サイコパスだということがわかった。
サイコパスなんて、最近の言葉だけど、最近ではサイコパスがどんな人なのか、
Youtubeでもインターネットでも簡単に調べることができる。
簡単に言うと、人の気持ちをわかることができない人らしい。
人がどんな状況であっても、自分だけが平気で良くなろうと思う人なんだそうだ。
残念ながら、本人はその罪悪感を持たないところが、サイコパスたるゆえんだそうです。

サイコパスが悪いと言っているわけではない。今更。
しかし、サイコパスは、人の弱みを嗅ぎ分けることにとても長けているそうだ。
とってもわかる。
本人には、何の悪気もないのだ。

そういうことで、いろんな考えられない出来事がたくさんあると思っていたのだけれども、
そういうことだったのだと思うと納得がいく。
どんなに話し合っても、本人に悪気がなければ、話はまとまらないのだ。
かれこれ12年程付き合ってしまったかな。
おかげで、私と私の家族との間に亀裂が入ってしまいました。笑

サイコパスには近づかない方がいいですよ。
私は、そんな人が身近にいるとは思ってもみませんでした。
最近、インターネットなどの情報があるから知れたことでありますが、
12年間、おかしいな、おかしいな、と思いながら生きてきました。

12年も付き合っていれば、気心も知れて何でも話せるという相手ではあるのですが、
確かに、一度も解決の方向に向かったことはなかった。

というわけで、そいう人について、もう悩むのはやめなければいけません。
12年間、その人のことばかり考えさせられてきました。怖いことですよ。
12年を取り戻すには、年齢的にも大変です。

なぜ、今、ブログに書いているかというと、
やはり、つい連絡して話を聞いてもらおうと思ってしまうからです。
でも、それをやったら、私の人生は本当に自分のものではなくなってしまいます。
もう、その人には相談はしない方がいい。

ダメだよ。
もう、その人に相談するべきじゃない。

by VIVIEN5 | 2017-07-03 17:43 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

Yoga Yoga

先週くらいから、また真面目に行くようになったヨガ。
昨日一時間半行って、今日も一時間半行ってきました。
久しぶりに行くと体が縮んでいるのがわかります。
毎週続けた方がいいですね。

今はまだ体は硬いけど、毎週少しづつ伸ばして行けば、
体はほぐれてくると思います。
クラスを上げられるように頑張ってみようと思います。

今日はさすがに、体が痛いです。
二日連続でやってるからね。
でも、いいことだと思います。

来週も行きます。
少なくても週二回は行こうと思います。

首と肩のあたりがほぐれた感じでだるいです。
このまま少し寝たい気分。

by VIVIEN5 | 2017-07-03 09:52 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

ルームメイト

今日は、ルームメイト豊岩のお母さんこと、アキコさんが日本に帰る日。
一ヶ月間、同じ屋根の下で暮らしたわけですが、疲れました。


by VIVIEN5 | 2017-07-03 09:02 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

別次元の人間

私は、どこに行っても、どこに居ても、なんだか浮いてる存在だなって思ってる。
自意識過剰って言われそうだけど、私が自然に何にも考えないで授業を受けていたって、
なんだか違和感を感じるんだ。

どうしてこんなんなっちゃったかなって最近つくづく思う。

他人のせいにはできなからね。

これから、自分を変えていかなければ、私の未来は何も変わらない。
そんな風に思うんだ。

生き方を変えなきゃいけないなって思う。

私の取り巻く全てのことは、とても安心して過ごせる場所ではない。
なぜなら、そういう恐怖心を植え付けられてきたからだと思う。

誰かにわかってもらおうなんて、もう思わない。
それが事実だってことを自分が知っているから。

その恐怖心を払拭するのは、自分しかない。

バカなことに、今まで色々な恐怖心を払拭するつもりで、
ある人に何でも話していた。残念ながら、恐怖心を植え付けてきた張本人にだ。

人間として扱いをされてこなかったんだと思う。

本当にそんなことがあるのだろうか?と疑いたくなるけれど、
人間としての扱いをされないまま、私はその人を信じてきたんだ。

もう手を切った方がいいよ。

自分の持ち味だけで十分、人に好かれる人間になれるはずだよ。
今は、そんなことは考えられないけど、
あまりにも人から好かれるはずがないと信じている自分は、
逆におかしいと思えて仕方がない。

何度失敗してもいいから、自分から誰とでも話ができるように努力するしかない。
自分が変わるしかない。

もう、これ以上、頼らない方がいい。

by VIVIEN5 | 2017-06-28 17:52 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

いよいよホームスティも卒業

ホームスティのグレースには本当に感謝するほかありません。

しかし、そろそろ潮時となってきたようですね。
あと、三ヶ月ありますが、慣れてきたこともあって、
好きなようにされて黙っているわけにはいきません。

私は主役ではない。
それを知らされた。

また、見ず知らずの人と比べられ、
ぞんざいな扱われるのも黙って容認するわけにもいきません。

誰が悪いわけでもなく、そろそろ潮時であり、
私は、外に出なければならないということだと思いました。

今後、二度と、ホームスティをすることはないでしょう。

また、新たな考えや出会いもたくさんあるのだと思います。
また少し、糸の切れた風船のように人生を泳いだらいいのかな。

by VIVIEN5 | 2017-06-26 13:04 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

I - 2クラス

2〜3週間前から上のクラスに上がった。
私が願っていたことだ。

勉強は楽しい。
そんなに難しいって感じじゃない。

ただ、また人間関係だよね。
うまく、乗っていけない。
勇気がない。

相当、私のいたところは、次元が低かったのか。
裏の世界というべきか。
そんな風に考えるより、田舎にいたと考えたらいいのだろうか?

私にだって、得意は分野もあるし、
海外への旅行も結構行っているから。
美術館も結構行ってるし。

話を合わせる努力もしていけばいいと思う。
自分がちょっと違う世界の人間でも、なんとかかんとか仲良くできる方法を
見つけ出すことが大事だと思う。
クラスだけではなく、他の場所でも使えるからね。
もう一人の自分を見つけよう。

自然にしていれば、きっと道は切り開かれる。

もし、凶器を持つ人間がいたなら、その人は私の相手ではない。
そういう人間は、一人で頑張ればいいのだ。
私の相手ではない。

そういうことも、自分ですり抜ける技術も大事だと思う。

私には、目標があるので、関係ない。
試験に向けた勉強をするための語学を身につけなければいけない。
そう思って、一日一日の積み重ねをしていこう。
とにかく、積み重ねなしには始まらないんだと思う。

積み重ねの大事さ。
Yoga
Reading
Writing
Speaking
Healing
Make a friends

by VIVIEN5 | 2017-06-26 08:49 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

juneはいろいろ

久しぶりのブログ

六月に入って、一ヶ月のホームスティのために新しいルームメイトがやってきた。
彼女は、62歳。東京で会社経営をしているそうだ。
ゴルフが好きで、出身は秋田の豊岩なんだって。
英語は、全然話せなくて、日本語だけ。
ホームスティ先を自分色に染めようとされた方。
というわけで、私はそれには耐えられず、はっきりと彼女に伝えた。
他のルームメイトだったらキレますよって。
だって、英語勉強しに高いお金出してホームスティしてるのに、
何にもわからないで観光客気分で好き放題の日本語ばかりで過ごされても
たまったもんじゃないからね。
それいらい、彼女は私を避けるようになった。
と言うより、私が彼女を避けまくった。

英語、話せなくても、頑張って英語話してくれるとか、
その雰囲気に合わせてくれるとかしてくれればよかったが、
彼女は自分を変えようとはしなかった。
自分の好きなことだけした。
大人気ないなって思った。

ホストマザーは、毎日手紙を私の部屋のドアに貼っていた。
だいたい、その彼女についてではあるが、、、
マザーのお願いとして、私に後少しだけだから、いやなことはすべて忘れて、
クリアーな気持ちで彼女に接っして欲しいということだった。
私は、なんだか自分の大きな問題について指摘されたように感じた。

何かに気づかされた。
いつもクリアな気持ちで人に接すること。
やってみようかなって思った。

ホストマザーのいうことは、素直に聞ける。
そして、なんでも出来る。

昨日は、行きたくなかったけど、彼女とマザーと三人でポリネシアン カルチャー センターにマザーの運転で行った。
彼女は私と話そうとはしなかった。大人気ないとつくづく思った。
途中から、楽しくなったのか、話しかけてくるようになった。
私は努めて、彼女に話しかけた。

一緒に屋根の下に一ヶ月という短い期間であっても、
お互いを思いやる気持ちを大切だし、あまり自分の言いたいことを言っても、
一ヶ月では、修復も難しい。
そういう意味では、距離感というのも難しいものだということも分かった。

彼女のおかげで、ホストマザーも考え方が少し垢抜けてくれたように感じる。
初めは、その変化が納得できなかったが、今は私もなんとなくもっと自由に
自分を表現できるようになったようなきがする。
良い経験をさせてもらったと思う。

昨日、マザーが車の中ではっきりと言っていたのは、
近所の人とは仲良くしなさいって。
いつ、助けてくれるかわからないからって。

なんか、クラスメイトの中国人も友達を大事にすることを主張していた。

今の私の課題なのかしら?

あれこれ、こうされた、ああされた、と考えていたら、
誰とも仲良くはなれないもんだよね。確かに。
次の日になったら、忘れることができることが大事だね。
いつもクリアの気持ちでいられたらきっとうまくいくんだね。

by VIVIEN5 | 2017-06-26 08:37 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

世界は君を待っているよ!


by vivien5
プロフィールを見る
画像一覧