好きになると嫌われる本当の理由と解決策

突然ですが、あなたは、

この人いいなと思って好きになった人と、

付き合えなかった経験はないでしょうか?

おそらく、僕だけではないはずです。笑

また、こちらも共感していただけると思うのですが、

どうしても好きになれない人には、

逆に、なぜか好かれるとかもありますね。笑

他にも、恋愛において、

様々な疑問があると思いますが、

今回、お話しする内容は、その全ての答えになります。

ただし、最初にお伝えしておきますが、

その答えは非常にシンプルです。

つまり..

自分が好きになった人と確実に付き合える人と、

なぜか付き合えない人の違い。というのは、

”何かを相手に提供できているか”になります。

そもそも、恋愛について、

本質的な話からすると、

「この人と付き合うと私はこうなれる」とか、

「私が求めているのはこういう人」など、

相手の欲求を満たせるから

付き合えるわけですが、

言い換えると、

”相手が得られるメリットを

提供しているから付き合える”

という風に言うことができます

また、これも普遍的なことですが、

人は、”奪われることが嫌い”です。

だから、与えることと、受け取ることの

”バランスが取れない関係”は続きませんし、

好きになっても付き合えない人は、

まさにその状態にあるということになります。

つまり、”奪おう”という意識はもちろんのこと、

”与えよう”という意識が強すぎて、

一方的な関係になってしまうことで、

”好きになっても、好かれない”ということになります。

いくら相手のためにと言いつつ、

実は、自分中心で考えていて、

何も相手のことを考えることが

全くできていないのです。

それが例えば、

”いきなり告白して玉砕”する人であり、

彼らは、相手だけを見ているようで、

実際は、自分にしか注目していません。

そうすると、相手は

「まだそれほど仲良くもないのに?」という風に、

違和感を感じると思います。

あるいは、恐怖さえ感じることも

あるかもしれません。

このように、

冷静な判断ができていない、

適切な行動ができていない..というのは、

”恋は盲目”という風に表現されますが、

その深層には「下心」があり、

言い換えるとそれは、

「奪おう」という思考になっている

ということになります。

逆に、自分が好きになって

相手からも好かれる人というのは、

相手を楽しませるであったり、

喜ばせることをすぐに考えます。

これは、モテる人にとっては、

当たり前のことで、

自分ではよくわからないけど、

”なぜかモテる”人というのは、

これを無意識に出来ている人になります。

例えば、学生時代、

クラスに、やたらモテる人が一人はいたと思うのですが、

彼らのことを思い出していただくと、

意識的にしろ無意識的にしろ、

「与える」という思考で

人に接していたということが、

理解できるかと思います。

もっと言うと、そこにイケメンとか

社会的地位とかが加わると、

さらにモテるということになります。笑

でも、そこはおまけの部分であって、

本質的には、

「相手が喜ぶことは何か?」ということを

無意識で考えて行動できる人が

”好きになる=付き合える人”になります。

逆に、好きになっても

付き合えない人というのは、

「嫌われたらどうしよう..」とか、

「この気持ちをどういう風に伝えよう..」とか、

自分のことしか考えていません。

では、ここまでを踏まえて、

これからモテる人間になる秘訣について

お話ししていきたいと思うのですが、

そこで、まず最初に重要なことは、

「相手が喜ぶことは何か?」を

意識して人と接することになります。

これが習慣になっていけば、

「相手が喜ぶことは何か?」を

無意識で考えて行動できるようになります。

もしかすると、この話を聞いて、

「相手が喜ぶことをすればいいんだろ?」

という解釈をする方もいるかもしれませんが、

そこよりも、もっと大切なことがあります。

それが、”意識は伝わる”

ということになります。

例えば、

電車内で大声で話す人や、

ガムをくちゃくちゃ噛みながら人の話を聞く人など

マナーの悪い人をイメージ

していただければと思うのですが、

おそらく、あなたがその場にいたとしたら、

ものすごく違和感を感じると思います。

そして、彼らのことを

とても浮いた存在だと認識するでしょう。

要は、これと同じことで、

プレゼントをあげるとか、褒めるとか、

重たいものを持ってあげるとか、

どれだけ相手を喜ばせるような行動だとしても、

「好意を貰ってもらうため」とか、

「すごいと思ってもらいたい」など、

”下心”を動機として

起こした行動であれば、

それは、相手からすると

”奪われる”行為になり、

「言葉では説明できないけど、

何か違和感を感じる」という風に

受け取られてしまうことになります。

これは、非常にもったいないことです。

なぜなら、

プレゼントにはお金がかかるでしょうし、

褒めるには頭を使います。

重たいものを持つことに関しては、

明らかに労力を提供しています。

それにも関わらず、

相手からは、”奪われる”行為として

認識されてしまうのです。

こうなってしまえば、

好かれるどころか、むしろ、嫌われます。

つまり、一言で表現すると、

”お節介になる”ということですが、

その正体は、表面的には与えていても

内面に”奪おう”の意識が隠れていることで、

それが相手に伝わる..ということになります。

逆に言うと、無意識レベルで

相手に”与えよう”という意識で

接することができるようになると

表面的にはもちろんのこと、

内面の”与える”意識が

相手に伝わるようになります。

そうすると、

「言葉では説明できないけど、

何か好きだと感じる」という風に

相手も自然に好意を受け取り、

無意識に好かれるようになります。

いかがでしょうか?ここまで、

ご理解していただけましたでしょうか?

無意識で”与える”意識を持つことは

最初は特に、難しいかもしれません。

しかし、ご安心ください。

まずは意識的に、

”与える”意識を持つようにすることで、

だんだん、その意識でいることが普通になります。

これは、鏡の法則でも

言われていることですが、

何かを得たいなら、まずは、

自分が与えることです。

シンプル過ぎて

拍子抜けしたかもしれませんが、

”下心”が先行してしまうなどの理由で、

特に恋愛に関して、

意外と誰もできていないことなので、

一度、騙されたと思って、

”自分のメリットを考えず、

本気で相手のメリットを考えること”を

意識して、実践してみてください。

きっと、今までとは違う世界に出会えます。

遠回りのようなことが、

意外と一番の近道です。

あなたからの成功報告をお待ちしております。


http://blog459.com/【恋愛心理】好きになると嫌われる本当の理由と/



ふむふむ、なんか理解しやすい記事でした。

本当に昔から言われていたことなんですよ。

恋愛に限らず、人の喜ぶことをしなさいって。

本当に理解するのに難しいことでした。

でも、それからの経験を踏まえて、この記事を読むと

なんだか少しわかってきたような気がします。

今日から実践を積み重ねてみたいと思います。


by VIVIEN5 | 2017-01-27 03:23 | Hawaii in 2017 | Comments(0)

世界は君を待っているよ!


by vivien5
プロフィールを見る
画像一覧